【アセット】Curved Worldを使ってみた【Unity】

こんばんは、pinbitです。
今回は世界を歪ませるアセット「Curved World」を紹介します。

アセットストアの説明の和訳

Curved Worldはイメージエフェクトではありません。 シンプルですが、非常に強力なメッシュごとのマテリアルシェーダエフェクトです。 
Curved Worldの曲率とは、カメラビュー内でのみ曲げられるようにレンダリングされるオブジェクトで、位置、回転、スケールなどのワールド空間パラメータは変更または変更されません。このため、このCurved Worldは、物理、アニメーション、AI、経路探索、その他のメッシュ変換などのゲーム要素を妨害しません。 
Curved Worldは、携帯電話向けに高度に最適化されており、Unlit、One Directional Light、Matcapシェーダを含んでいます。 Curved Worldは、Standard、Legacy、Unity Terrain and Nature、Water、DX11 Tessellationシェーダを備えたハイエンドデバイスのシェーダを提供します。 
追加:スプライト、パーティクル、プロジェクタ、2Dスカイボックス、フレア、Cartoon、アウトラインシェーダ シェーダを制御するためのオプションのパラメータシステムが組み込まれています。 
・Image Based Lighting 
・Fog 
・Rim
・Fresnel 
・Mesh Vertex Color 
・UVスクロール 
・HDR排出 
最も簡単なカスタムシェーダ統合システムを使用して、Asset StoreのほとんどすべてのアセットをCurved Worldにすることができます。
とのことです。
使い方や詳細は動画を確認してください。