投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

WebGLでおっさんプッシャー2をアップロードしたが重い

イメージ
今までUnityのWebGL書き出しはベータでしたが、先日、Unity 5.3の公開に伴いWebGLへの書き出し機能が正式版となりました。
というわけで、Google Driveを利用してUnity製ゲームをWebGLに書き出してアップしてみました。
こちらです。(スマホ非推奨)

起動して分かる通り、すごく重いです。

対応してすぐなので、仕方ないと思います・・・
というかこれ、いつか軽くなるんでしょうか?
現状だとはっきり言って全く使い物になりません。

というわけでわたしはWebPlayerで公開します(T_T)

Unityでスマホゲームを作るときMacは必要?

イメージ
スマホゲームを作ろうと考えている方へ。
Window版Unityでは、iOS向けの書き出しができますが、XCodeというIOSアプリ開発ツールがないとビルドができません。
そして、App Storeで公開するために、iTunes Connectにアプリを送信する事もできません。

Androidアプリは、WindowsでもMacでもLinuxでもビルドすることができます。
そして、Apkファイルを作ってしまえばスマホからでもGoogle Playに送信できるので、リリースは簡単です。


ですので、スマホアプリを作りたい方はMacを買いましょう。
確かにMacは使いにくいし、ユーザーが少ないので情報が少ないです。
ですが、別に使えないものでもありません。
対応していないソフトも少ないですし、Macでも大丈夫です!

iPhoneのせいで、Apple=ボッタクリというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、ボッタクリなのはiPhoneだけです。

安心してMacを購入してください!